ファントム・スレッド

JUGEMテーマ:ホームシアター

 

 

【解説】

 

1950年代のロンドンで活躍するオートクチュールの仕立て屋レイノルズ・ウッドコックは、英国ファッション界の中心的存在として社交界から脚光を浴びていた。ウェイトレスのアルマとの運命的な出会いを果たしたレイノルズは、アルマをミューズとしてファッションの世界へと迎え入れる。しかし、アルマの存在がレイノルズの整然とした完璧な日常が変化をもたらしていく。第90回アカデミー賞で作品賞ほか6部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞した。(映画.comより抜粋)

 

【感想】

 

PTAことポール・トーマス・アンダーソン監督の新作であり、ダニエル・ルイスの引退作である。物語の構造としてはオードリー・ヘップバーンの「マイ・フェア・レディ」と似ており(レックス・ハリソン演じる言語学者のヒギンズ教授が花売り娘のイライザを社交界で通用するレディに仕立て上げるうちに彼女なしではいられなくなっていく自分に気づくというお話)、本作もそれと同様な展開が見られる。ヒギンズ教授も本作のレイノルズもある分野では超一流のトップではあるが、仕事しかない生活や一般人から見れば「変人」としか思えない日常生活や習慣上のこだわりが、配偶者を疎外してしまうのは想像に難くない。

 

イライザの場合と異なり、アルマがとった対抗策はかなりアグレッシブであるが、たしかにいつもは怖いカミさんも自分が病気療養中は聖母のように見えたこともあったな、と監督のPTAと同じ気持ちになった次第です。

 

 

さて、35mmと70mmフイルムで撮影された映像は、絵画のような映像美をたくわえており、Blu-rayディスクでもそれを十分味わえる出来になっている。サウンドは英語DTS-X 7.1ch(日本語DTS 5.1ch)。

 

追記:その他、先週今週見た映画のリスト

 

パシフィック・リム アップライジング(セル3D-BD)

マイ・フェア・レディ 50周年版(セルBD)

パッセンジャー(セル4K UHD BD)

ダンガル きっと、つよくなる(セルBD)

ハン・ソロ(セル3D BD)

ペンタゴン・ペーパーズ(レンタルBD)

パトリオット・デイ(レンタルBD)

マリアンヌ(セル4K UHD BD)

クレイジー・フォー・マウンテン(映画館)