梅雨の晴れ間に

JUGEMテーマ:ホームシアター

 

毎年この時期は体調が悪く、今年も例年同様である。月末の長野行きも涙を飲んでキャンセルせざるを得なかった。至極残念。仕事も穴をあけてしまい、現在首の皮一枚で繋がっている。まぁ、情けないことよ。

 

ここ最近は息子からちょくちょく借りているRoseliaの1stアルバム「Anfang」(BD2枚付きCD)が唯一の元気の素。主に2ndライブのBDをみているのだがどういう訳かジーンとくる。捨て曲がなく全曲良い。BDの映像はプロジェクタの画質設定はナチュラルでビデオ、音声はPCMのステレオ収録だが、Auro 2Dがどうもいちばんしっくりくる印象。自分もこのアルバムが欲しくなったが、一家に2枚あるのもどうかと悩む。

 

 

 

映画は観れているが、映画館へはぜんぜん行けず、もっぱら家庭劇場での鑑賞。とりあえず、「スパイダーマン:ホームカミング」以降の鑑賞作品を記録しておく。

 

プライベート・ライアン(北米版4K UHD)

ハドソン川の奇跡(レンタルBD)

君よ憤怒の河を渉れ(レンタルDVD)

攻殻機動隊/イノセンス(4K UHD)

ドリーム(4K UHD)

シェイプ・オブ・ウォーター(北米版4K UHD)

スリー・ビルボード(北米版4K UHD)

グラディエーター(4K UHD)

トランスフォーマー(4K UHD)

スターウォーズ 最後のジェダイ(3D BD)

ドント・ブリーズ(BD)

ブレードランナー 2049(3D BD)

プロメテウス(3D BD)

エイリアン・コヴェナント(4K UHD)

 

体調悪いときに見る映画はあまり感動しないのか、正直どれもピンとこなかった。まずは体調を戻さんといかんかな。あとこれはあくまでも個人的印象だが、4Kプロジェクタ(擬似4Kでも)には基本的には4K UHDなのかもしれないのかなと。2Kプロジェクタで観たときにそれなりに画質がよかったと記憶している作品の一部なのか全部なのか分からないが、おそらく一部だと思うが、4Kプロジェクタで綺麗に見えない。「恋に落ちたシェークスピア」(BD)がそうで画質調整をいろいろ試してみたがうまく行かず、時間かかりそうなので途中で見るのを断念した。やはり一度Super HiViキャストで調整をしたほうが良いのかもしれない。元気になったらやろうと思う。

 

 

 

スポンサーサイト

コメント

元気ないですね?と言う私も腰痛から座骨神経痛で
右ひざ痛も併発して体がカチカチです。こちらは
毎日雨降りで梅雨明けもまだですが明日から停止していた
農作業を再開したと思ってます。X990Rなのですが
アップコンに賛否がありe-shiftを切って素の2K
でBD再生もしてみましたが何故かアップコンで
見る方が画素数が増えて緻密になるせいか綺麗に
見えますね。気合入れて頑張りましょう!。

  • モリヤン
  • 2018/07/01 09:52

モリヤンさん、ありがとうございます。
昨日病院で血液検査をして、一週間後ぐらいに結果がでるので、もしかしたら原因がわかるのではないかと期待してます。
X990Rですが、アップコンに癖があるのかもしれないですね。もともとエッジエンハンスがきついソフトはそれがきつくでてしまうような感じがします。どちらかというと、映像の解像度に関する問題がでやすいのかなと。コントラストや陰影表現は、2K BDでも4K UHD同等のレベルを感じるソフトがあります。
マニュアルがPDFだけなので、とりあえず必要ページを印刷して読み始めましたが、アンプもそうですが紙冊子がないのはメーカーの手抜きですね。

  • HAMA
  • 2018/07/01 14:14