グレイテスト・ショーマン

JUGEMテーマ:ホームシアター

 

 

【解説】

 

「レ・ミゼラブル」でも華麗な歌声を披露したヒュー・ジャックマンの主演で、「地上でもっとも偉大なショーマン」と呼ばれた19世紀アメリカの実在の興行師P・T・バーナムの半生を描いたミュージカル。劇中で歌われるミュージカルナンバーを、「ラ・ラ・ランド」も手がけたベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが担当した。貧しい家に生まれ育ち、幼なじみの名家の令嬢チャリティと結婚したフィニアス。妻子を幸せにするため努力と挑戦を重ねるフィニアスはやがて、さまざまな個性をもちながらも日陰に生きてきた人々を集めた誰も見たことがないショーを作り上げ、大きな成功をつかむ。しかし、そんな彼の進む先には大きな波乱が待ち受けていた。主人公P・T・バーナムことフィニアス・テイラー・バーナムをジャックマンが演じ、バーナムのビジネスパートナーとなるフィリップ・カーライル役を「ハイスクール・ミュージカル」「ヘアスプレー」のザック・エフロン、バーナムの妻チャリティを「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のミシェル・ウィリアムズが演じる。(映画.com)

 

【感想】

 

公開されたとき映画批評家には賛否両論だったという本作。作品のなかにも純粋にショーを楽しむ者と「フリークス!」と異形のエンターティナーたちを口汚く差別するレイシストたちが描かれており、まるでこの映画を批評した映画評論家たちと一緒である。レイシストのなかには、どう見ても貧しいはずなのにわざわざ金を払ってまで入場し演者をこき下ろし、あまつさえ放火までする不届きものもいるのだからタチが悪い。差別には貧富の差がないようで、ほとんどの上流階級の貴族もレイシストである。異形の者たちへの冷たい視線は彼らの心を檻に入れてしまう。

 

しかし、この映画の素晴らしいところは、そういった差別を映画のテーマにしたことではない。豪華絢爛なミュージカルでありながら、現代社会にも通じるマイノリティへの差別や偏見に対峙し、あくまでもそれは作品の隠し味であり、スピード感あふれる展開や興奮のミュージカル演出を核にしてエンターティメントとしてきちんと作品に昇華していることだ。

 

クレジットタイトルが流れる前に「真の芸術とは観客を幸せにすることだ」というバーナム自身のことばが引用されるが、この作品自体がそれを体現している。

 

本作の4K UHD Blu-rayは非常に素晴らしい出来であった。豪華絢爛の映像美や光と陰の演出に限界をかけず円盤に収録しており、再生環境を問われる一枚である。縦横無尽に動き回る低音とサーカス小屋の空気感を再現したDolby Atmosの包囲サウンド、そして数多くのミュージカル・ナンバーは興奮ものである。デジタル4K及び35mmと70mmフィルムで撮影された本作は、4Kでスキャン後、編集やマスタリングも4Kで行われてた。HDR絵画としても極上盤の一枚である。

 

 

 

スポンサーサイト

コメント