ジュラシック・パーク

JUGEMテーマ:ホームシアター

 

 

【解説】

 

1990年に出版されたマイケル・クライトンの小説を原作とする映画シリーズで、1993年にスティーブン・スピルバーグによって映画化された。スピルバーグの監督作で最大のヒット作である。バイオテクノロジーを駆使して現代に甦らせた恐竜たちによる惨劇を描いたSFパニック作品。一作目のヒットを受け、シリーズ化され、今年公開の新作を含めると5作品がラインナップされている。SFエンターテイメント作品だが、原作・映画全体を通して背景には「生命倫理や生命の進化」「テクノロジーの進歩と過信」に対する哲学的テーマが存在する。

 

【感想】

 

ジュラシック・パークの4K UHD Blu-ray Boxset北米盤が届いたのだが、Amazonの箱を開けてびっくり。非常に豪華な装丁なのだ。ジーニアス英和中辞典と同じぐらいの大きさと厚みがあり、本のページをめくるように、シリーズの一本一本の4K UHD BDと特典付きBDがページ毎に封入されている。今年公開の最新作を除く過去4作品がセットになっている。

 

 

 

 

 

 

鑑賞してまず驚いたのが4Kリマスタリングの成果である。とても30年前のフィルムとは思えないほど、深みある映像情報が再現されており、特にHDRの効果ははんぱではない。生い茂る木々に射し込む陽光や天空の太陽の輝きはスクリーンを見ていて眩しさを感じるほどだ。これが、HDRなんだとようやく体感できたように思える。特に2作目は今回のリマスターによって一番画質が向上したように思う。

 

 

また、DTS : Xがすごい!恐竜の咆哮、ズシーンと響く足跡が部屋全体を揺るがすだけでなく、ジャングルの空気感や遠くこだまする恐竜の鳴き声が天井から部屋全体を包囲する。

 

最新作は見にいく予定はなかったが、映画館でまだかかっているようなら見に行ってみようと思う。

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

コメント