夏の長時間映画祭

JUGEMテーマ:ホームシアター

 

 

失業してはや2週間、いまだに離職票届かず、ハローワークに失業保険申請や国民年金保険料の特例免除申請できず。一方、求職は第一候補の会社の二次面接が今週の金曜日ということで、今月はおそらく仕事にありつくことはできないだろう。ということで、これをチャンスに、買ったはいいが今まで観るのをためらっていた長時間映画のソフトを一気に観ようと企てた次第である。

 

取り敢えず、3時間(180分)を超えることを条件にソフトを物色したところ、上の写真のようなタイトルが該当した。なかには観たものもあるが、観直してみるのも一興だろう。あと、先日購入した「ヒッチコック・ボックス」全15作品の合計2400分!これもこういう機会でないと一生見れんだろう。

 

【180分超え長時間映画】

 

七人の侍(207分)

ラストエンペラー・ノーカット全長版(219分)

アラビアのロレンス(227分)

Uボート・ディレクターズ・カット(208分)

JFK(206分)

ドクトルジバゴ(200分)

風と共に去りぬ(233分)

地獄の黙示録・特別完全版(196分)

パール・ハーバー(183分)

トロイ(196分)

バリーリンドン(184分)

十戒(232分)

キングダム・オブ・ヘブン ディレクターズ・カット(194分)

砲艦サンパブロ(183分)

デューン/砂の惑星 TV放送長尺版(189分)

 

番外篇「ヒッチコック・ボックス」合計2400分

逃走迷路(109分)
疑惑の影(108分)
ロープ(80分)
裏窓(112分)
ハリーの災難(99分)
知りすぎていた男(120分)
めまい(128分)
サイコ(109分)
鳥(119分)
マーニー(130分)
引き裂かれたカーテン(127分)
トパーズ(125分)
フレンジー(116分)
ファミリー・プロット(120分)
泥棒成金(107分)

 

さーて、長時間映画マラソン、完走できるか。

 

追記 : あと、ベンハー(223分)忘れてた。

 

 

追記 2 :  「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」(201分)も忘れてた。

 


 

スポンサーサイト

コメント