ゲティ家の身代金

JUGEMテーマ:ホームシアター

 

 

【解説】

 

1973年に起こったアメリカの大富豪ジャン・ポール・ゲティの孫が誘拐された事件を、「オデッセイ」「グラディエーター」など数々の名作を送り出してきた巨匠リドリー・スコット監督のメガホンで映画化したサスペンスドラマ。73年、石油王として巨大な富を手に入れた実業家ジャン・ポール・ゲティの17歳の孫ポールが、イタリアのローマで誘拐され、母親ゲイルのもとに、1700万ドルという巨額の身代金を要求する電話がかかってくる。しかし、希代の富豪であると同時に守銭奴としても知られたゲティは、身代金の支払いを拒否。ゲイルは息子を救うため、世界一の大富豪であるゲティとも対立しながら、誘拐犯と対峙することになる。ゲイル役をミシェル・ウィリアムズ、ゲイルのアドバイザーとなる元CIAの交渉人フレッチャー役でマーク・ウォールバーグが出演。ゲティ役をケビン・スペイシーが演じて撮影されたが、完成間近にスペイシーがスキャンダルによって降板。クリストファー・プラマーが代役を務めて再撮影が行われ、完成された。(映画.com)

 

【感想】

 

主役のケヴィン・スペイシーの降板(事実上の業界追放となるが)や交渉役を演じたマーク・ウォルバーグの追加出演のギャラ問題(男女差別問題に発展)などスキャンダルに見舞われた作品であるが、職人監督リドリー・スコットの手腕は健在で、クリストファー・プラマーの代役はまるで代役であることを感じさせない見事な演技・演出であった。

 

映像はBlu-rayとしては優秀盤の一枚になるのではないかと思う美しさ(群青のトーンや全体的に色彩設計が素晴らしい)でさすがリドリー・スコットと思わせる出来であった。ストーリーは実録物の弱点がでたかなという気がする。ドラマ性がやや希薄と感じた。これはキャサリン・ビグロー監督の「デトロイト」でも感じたことだ。本作はR15+指定作品であるが、中盤かなり目を背けたくなる残酷シーンがでてくるので、要注意のこと。

 

人も羨む大富豪たちも何十ものセキュリティの壁のなかに住まねば安住できないというのは、あまりにも皮肉であるなとこの作品を観て思った次第。金に自由になってもセキュリティという壁の中で自由は奪われてしまうだろう。

 

追記:その他、先週今週見た映画のリスト

 

レディ・ガイ(レンタルBD)

ゲット・アウト(レンタルBD)

ダウンサイズ(レンタルBD)

オリエント急行殺人事件(レンタルBD)

デトロイト(レンタルBD)

デンジャラズ・バディ(レンタルBD)

 

 

スポンサーサイト

コメント

hamaさん

オススメの1枚、たしかに
良質画質で、なおかつ
吹き替えなしの割り切った盤で
楽しめました、
バナのUB30ですが当方なかなか健闘してました
いつも参考に記事を楽しみにしています。

  • piro
  • 2018/10/05 00:40

piroさん、こんばんは。
アメリカンギャングスター同様、リドリースコットの実録モノはストーリー性には弱さはあるものの、映像的には十分楽しめましたね。

  • Hama
  • 2018/10/05 02:50