ヒストリー・オブ・バイオレンス

JUGEMテーマ:Amazon Prime


 

皆さま、お急ぎください。デヴィッド・クロネーンバーグ監督の傑作「ヒストリー・オブ・バイオレンス」が Amazon Prime ビデオの無料視聴枠に入っています。この映画を日本語字幕付きのHD(1080p)で見れるのは実は大変なことです。国内では依然DVDしか販売されておらず、過去にWOWOWのHD放送以外はハイヴィジョン放映はされていません。私はそれを録画したD-VHSと北米版Blu-rayを持っていますが、この機会を逃すと一生後悔してしまうと思い、急ぎ今夜鑑賞させて頂きました。

 

「ヒストリー・オブ・バイオレンス(WOWOW)」(新・HAMA一等兵のペケ戦記)

 

「暴力の歴史」というよりかは、「暴力の連鎖」による人間の性(サガ)や悲劇を描いたものですが、銃社会であるアメリカであろうが日本であろうが、暴力というものの本質的なものを描いています。それは一家庭だけではなく国家間の暴力をも包含した「人間の暴力の歴史」を思わずには入られません。ぜひ、ご鑑賞ください。ラストも意味深です。

 

湯治初体験(追補)

JUGEMテーマ:温泉

 

5/1から5/8まで相棒のミニと湯治することになりました。

 

 

23年前にある事故で右足首を複雑骨折して以来、脚のトラブルには少なからず泣かされてきており、長時間歩行したり、突っ立ていると右足がびっこになります。仕事で長時間立つような場合はサポーターをしますが、翌日はまず起き上がることができなくなります。特にゲーム業界で働いていた2005年代までは非常に大変で、ラスベガスのCOMDEX(これは通信機器業界)や東京ゲームショーのブースプロデュース、コンピュータ関連展示会等では一日中突っ立ってないとならず、私にとっては地獄に等しい仕事でした。高校時代に北海道をチャリンコで一周したり、高校・大学と体育会系山岳部に所属したあと、社会人最初の配属先が長野市で(2年間住んだあと、東京に上京)、2年間は長野の社会人山岳会(グループ・ド・モレーヌ)に在籍し、上京後は東京の山岳会に所属して、登山やスキー等のアウトドアをしてきましたが、この怪我が原因でインドアに転向し、ちょうどDVD普及黎明期のホームシアターを趣味にし始めたのが2001年です。

 

先々月から母の遺品整理から始まった家の片付けは、途中シアタールームの構築も含め拡大し、いまだ終了していません。そうこうしているうちに何がきっかけか両膝に激痛がし、遂には杖をつかねば歩けないほどになりました。整形外科へ行ったものの、骨には異常なし、湿布を処方されましたが快方しません。ここ5年来通っている整体の先生によると、下半身の血行不良や老廃物が溜まっているのが原因と診断されました。実際先生の治療のおかげで杖からは解放されましたが、痛みは相変わらずあり、膝を曲げたり屈伸することができません。特に右膝が痛みます。右足を庇っていたためか、今度は左足親指の爪が割れ化膿してくる始末です。痛くて靴が履けなくなりました。

 

4/28の夜に家を出てから、この時期の異常な暑さで旅先の渋滞中の市街地でミニが半エンコ状態に陥ったものの大事にはならず、セブンイレブンで休憩中にミニの縁でこのひなびた温泉地を知ることができました。往時は新婚旅行のメッカでもあり、温泉客でごった返したという往来も今は人影がまばら。昭和50年代ぐらいに開通したトンネルによって、国道から外れたこの地はまるで陸上の鎖国のような状態となり、今は「秘湯」とよばれるぐらいにさびれにさびれています。お土産物屋なし、食堂なし、コンビニなし、床屋なし、銀行なし、交番なし、病院なし、都市機能の一切がないないないずくしの江戸時代の鎖国のようなところです。しかし、日本で一二箇所しかないある温泉成分を持つ源泉があります。他は一切何もありません。当然ながら、バスが止まるようになった近隣の大規模温泉街に客を奪われたものの、同じような運命にあった末、ゴーストタウン化したO温泉(午後数時間しか開かない共同浴場しかない)に比べ、まだ生存しているだけましだったのかもしれません。なぜ生存できたかというと、その確かな効能ある泉質の源泉をかかえているからです。

 

さびれているとは、このネット時代、ここの泉質の良さを知ってか、県内外からここを訪れる人は跡を絶たないようです。時折、街中を写真を撮っている都会からきた観光客を見かけます。週末にでもなるとそういう人ばかりですが、平日は往来を人間が歩いていません。いわゆる、知るひとぞ知る秘湯となっている場所故、このブログでも敢えて名前や場所は伏せています。また年間でここに来てもいいのは4月〜6月にかけての3ヶ月間だけで、あとはぼられるだけか、冬季で道路凍結のリスクやタイヤを履き替えてまで来る価値はありません。

 

故・高倉健さんも90年代前半にここに湯治に来ており(これはあとでデマだと分かります)、たまたま私が泊まっている旅館がその健さんが泊まった旅館の真正面にあり、まるで健さんに導かれてここまできたような気がします(ちょうど「野生の証明」をみたばかりだからね)。それに今月か来月に通常一般人には公開しない映画スタジオ(調布にある角川スタジオ)を見学することになっており、どうも映画とのご縁でこちらに導かれたような気がします。

 

 

 

今回は少し療養に専念したいと持っています。ですのでいつものブログ記事更新は1ヶ月間お休みします(この温泉地のあとにもまだ何箇所か寄ってから帰宅しますので)。

 

 

追記) 

 

大女将の話によると、高倉健は

 

「映画のロケに来た」

「2階の窓から覗くシーンを撮影」

「女将さんの娘と友達の女学生が和服を着てエキストラ出演をした」

 

という証言をされています。それ故、上記に書いた「湯治に(1ヶ月ほど)逗留した」というのはデマであることがほぼ確実になりました。それではどの映画のロケなのかということですが、ご当地のフィルムコミッションセンターのデータベースを調べたところ、高倉健がロケでここを訪れた形跡は発見できず、何か証拠がないか調べたところ、アサヒグラフで19●●年にここで歓待されたという写真記事がありました。

 

19●●年の出演作となると、●●●監督の「●●●●●●●」(高倉健主演)の可能性が高いと思われます。しかし、wiki等で調べてもロケ地までは言及されていません。そこで調査範囲を拡大し、個人のブログまで調査してみると、でてきました。ある家族がこの温泉地に宿泊したことをブログに記事にしており、そこに以下の写真が貼ってあり、これでほぼはっきりしたと思います。

 

高倉健がロケをした温泉地のある旅館の内部で撮られた写真。中央上にあるポスターは高倉健のサイン入り

映画ポスター。衣装を着た高倉健の左横に立っているのが監督の市川崑。その下の写真が高倉健とその旅館

の女将のツーショット

 

しかし、地元の多数の人に聞きましたが、こういったことをはっきり覚えている人が当事者含めもういないんですよね。30年近く前のことですから仕方ないといえば仕方ないのかもしれません。

 

追々記 5/3)

 

私が泊まっている旅館の若女将と大女将と話しをしたのだが、若女将によると娘さん達がエキストラ出演したのは、別の映画であることが判明。○○○○を題材にした映画「○○○○、○○○」(19▲■年)で時期は近い。また高倉健がロケに利用した旅館は昨年ご主人が亡くなって以来、営業されておらず今の言葉で言うと「廃屋」化しており、その子供が映画産業に携わる人で○▲出身ということまで分かった。おそらくその人が制作会社か何か経営していて、その縁で高倉健を自分の実家に連れてたのであろう。親孝行な息子である。しかしその息子はその旅館を継いだ訳ではないので、本当の親孝行かは本人に会って話をきいてみないとわからないだろう。ちなみに昨夜衛星放送でその映画が放送されていて、若女将が見てたんだって!偶然は偶然を呼び込むとはよく言ったものである。

 

追々々記 5/6)

 

次回は6/25 - 6/29にここに泊まることにしました(が、大女将に予約した翌日に旅館の主デスラー総統閣下に断られ、次回は明治の文豪が逗留したはす向かいの旅館に変更。)。今度はこの温泉地に逗留した明治の文豪についてまとめたいと思います。ワンちゃんもOKの旅館なので、ワンちゃんも連れて行きます(一泊700円)。また髪の毛ボサボサで行きますから消滅都市の床屋マスターさん、よろしくね。それと峠の狼さん、今度は一緒に峠を攻めましょう!昼間ね。もちサツがいないところね。

 

グラス・オン・グラスの決定版!

JUGEMテーマ:旧ミニ

 

 

私は近眼と老眼(あと片目緑内障)で、クルマに乗るときは軽い度のメガネを常にかけています。しかし、最近路面の照り返しを眩しく感じるのと、特に西日がモロに正面にあたるとき、まぶしいを通り越して危険すら感じます。そろそろ度付きのサングラスを買おうかなとおもっていた矢先、旅先に偶然にもその「決定版」に出会ってしまい、そこの店長さんが旧車好き(カルマンギア等旧車複数所有者)ということもあって、何かこのメガネに不思議な縁すら感じます。

 

上の動画で店長さんに専門的なことを説明して頂きましたので、ぜひご覧ください。


実際はどうかというと、ほんと見易いこと、見易いこと。文句ありません!少し暗くなってもサングラスのままでもよく見えます。それに価格もリーズナブルです。

 

僭越ながら提案あります!サングラスのオプションが欲しい。例えば黒でもいろいろな黒さがありますので、それを選べたらいいですね。クルマ乗るときはこれ、街中でデートすることはこれ、夜間でもグラサンしたいときはこれとかね。グリコのおまけ「一つ粒で二度お美味しい」みたいに、ひとつのメガネでバリエーション豊かに楽しめます。

 

ところで、みなさん、映画館の3Dグラス、好きですか? 私正直嫌ですね。なんか目の前が重いというかかさばるというか、メガネの上に同じ構造したメガネをかけるってやはり無理あるような気がします。

 

もし、この「マグネット式グラス・オン・グラス」ならそれも解消できると思いますよ。

MQAを聴く(9): ハイレゾ・カーステ 編

JUGEMテーマ:音楽

 

 

カーステのハイレゾ化もやってみよう!

 

ということで、前回のシステム内容でそのままクルマのカーステに使っているアンプにつなげればいいだけだ。

 

と思っていたが・・・。

 

 

iPhone --> USB 3 Camera Adapter -->  EX2 -->         iPhone --> USB 3 Camera Adapter --> EX2 -->

Fostex digital AMP --> Anthony Gallo speakers         --> KENWOOD Audio System for Automobile(AUX)

 

右がアンソニー君、その左隣がローバー純正スピーカー

 

接続後、MQAインジケーターが青や緑で点灯することを確認。お、正常に再生しているではないか。音もやはりMQAの特徴がでている。よし、出発だ。

 

ところが、走り始めて30分、いきなりMQA再生ができなくなり、ついには「このアクセサリは消費電力が大きいため使えません」とでて再生が止まってしまった。車を停めて確認したところ(高速だったからたいへんだったよ)、Explore2本体がアッチ、チッ、チになっている。接続を外してクーリングオフ。こりゃ、だめだ。中の半導体が飛んでなきゃいいが・・・。

 

結局、翌日DragonFly Blackに換装してことなきを得た。

 

まとめ: Meridian Explore2は携帯用途向きではない(あくまでも私のクルマ環境においてであるが。エアコンなし)

希 望: 低消費電力のExplore3をだしてほしい。対抗機は勿論、Audioquest DragonFly Black他

 

 

追伸(4/29): 

 

昨日から旅に出た。自分探しの旅(なーんちゃって)。たぶん約半日強、ずーっと音楽かけっぱなしだが、DragonFlyの再生はめちゃくちゃ安定している。Rover純正スピーカーはハイレゾ音源入力に対してユニットの性能限界を超えちゃうらしく、曲によっては(特にクラッシック)は音が割れる。ボーカル系は問題ない。アンソニーギャロはその点は問題ないが、いかんせんアンプが弱い。右左折するときのウィンカーを灯らせると「プチプチノイズ」が入る。勿論、純正スピーカーに比べ音量レベルも低い。まあ、スピーカーユニットを現代のものに交換すればいいのだが(クルマもそうせい!とよく言われるが30年も長生きしてきたクルマなのよ。かわいそうでしょ)、どうでもいいや。この二系統を存続させればいいこと。気になるならそれぞれ「適正プレイリスト」をつくればいいことだしね。困ったことは今までミニは外も中も騒音車だから音楽なんてまともに聴こえないのだが(特に今回みたいに高速道路では)、聴こえが非常によくなった。おかげで唄を歌いながら運転してて、分岐点に気づかずそのまま通り過ぎて、気がついたら全然別のところに行っちゃったよ。分岐点まで引き返すのに2時間もかかったよ(泣)

 

 

 

野生の証明

JUGEMテーマ:ホームシアター

 

 

巨悪に立ち向かう

孤高の一匹狼の

斗いを描いた、

角川映画

”証明”シリーズ

第2弾!!

 

見た映画は数年で忘れる中等度の映画健忘症の私は「面白かった!」「感動した!」「泣いた!」という記憶ある映画は何回か見返すことになります。今朝は昔レンタルDVDで借りて見てラストで嗚咽した記憶がある、ひろ子ちゃんの「野生の証明」。

 

しかし、しかし、これ薬師丸ひろ子がでてるが、ひろ子ちゃん映画ではないぞ!主人公は高倉健演じる元自衛隊特殊レンジャー隊員の生命保険営業マン(なんちゅう前歴だ)ではないか。パッケージにだまされてしまった。過去に数回見ているはずなのに、持病によりてっきりひろ子ちゃん映画だと思っていた。

 

しかも、松方弘樹・成田三樹夫・金子信雄・梅宮辰夫・田中邦衛等、東映組の幹部・若頭・組長クラスが大挙殴り込み、高倉健が何度も何度も脳天唐竹割りをし、切り株続出し、ラスト近くは健さんとひろ子ちゃんでインディージョーンズ2ばりのトロッコ逃亡劇をし、機銃ヘリさえ倒せる高倉・ランボー・健と呼んでもいいのではないかというぐらいの高倉健映画なのだ(生涯スタローンと共演しなかったのは、スタローンを倒せちゃうからだと思う)。

 

この角度が多い健さん

 

中野良子「貴方と一緒にいたいの」、健さん「・・・・・・・・・・・・」

 

ヤ●●の梅宮辰夫に生命保険を勧誘して契約もらい、10日後に保険事故。

当たり前でしょう。第一次選択ミス。

 

しかし、ラストのひろ子ちゃんの一言で形勢逆転。大泣きに泣いてしまい、健さん映画ではなく、一転ひろ子ちゃん映画になってしまった。クレジットが流れて一人大拍手。なーんだ、パッケージは正しかったのね。

 

ごめんね、ひろ子ちゃん、でもたぶんまた忘れるけどね。

 

中学1年生のとき、角川映画第2弾『野生の証明』の長井頼子役にオーディションで

選ばれ、高倉健との共演で1978年に映画デビュー。(wikiより引用。ただし間違いを訂正)

 

あれ!?

 

お父さんを殺したのはこの人よ!!

 

あと中野良子演じる巨悪を暴く新聞記者が乗る社用車が、え!ミニ!!しかも、カントリーマン。で、登場シーンが異常に多い。健さんも死体を運ぶためにハンドルを握ります。なんと、「野生の証明」はミニ乗り御用達の映画だったのか‼

 

 

 

MQAを聴く(8): 1万円台から始めよう!編

JUGEMテーマ:音楽

 

 

音楽を聴く人はたくさんいるが、良い音で音楽を聴こうとする人は案外少ない。それは、アンプが必要だとか、それなりのスピーカーが必要だとか、CDプレーヤーはどうだとか、とにかく普通の人には敷居が高く見えるのだ。しかし、ソースが良ければ、システムが仮に古くてもチープでも、良い音なり絵なりをそれなりに体験できる。例えば、同じテレビで同じ映画を見るのにも、DVDよりもBru-rayのほうが良い絵で見れる。それと同じだ。

 

そこで、せっかくMQAという扱いやすい高音質フォーマットがあるのだから、安価で楽しめるシステムをやってやろうじゃないか、という企画です。

 

まず、手持ちのスマホ(ここではiPhone)にApp Storeから「Onkyo HF Player」をダウンロードしよう。ハイレゾ音源を扱うためにケチらずHi-Resアドイン(HDプレイヤーパック)もいれること。これでプレイヤーはOK。次にUSB DAC (Digital to Analog Converter) とパワードスピーカーだが、MQA再生ができるか否かで特上コースと並コースに分けたい。

 

【特上コース】MQA再生

 

 

USB DAC                   :  Meridian Explore2、¥29800(MQA再生時にインジケーターが青か緑に点灯する)

アンプ内蔵スピーカー  :  iBUFFALO PC用スピーカー(BSSP29UBK or UWH)、¥723

iPhoneアクセサリ   :  Apple Lightning - USB 3カメラアダプター、¥4800

 

あと、Lightning電源ケーブルとUSB充電器も必要ね。

 

なお、価格は4/27時点でのアマゾン新品価格(iPhoneアムセサリはApple価格)。

 

【並コース】ハイレゾ再生

 

 

USB DAC                    :  AudioQuest ヘッドホンアンプ・DAC DragonFly Black、¥11692

アンプ内蔵スピーカー  :  iBUFFALO PC用スピーカー(BSSP29UBK or UWH)、¥723

iPhoneアクセサリ   : Apple Lightning - USB 3カメラアダプター、¥4800

 

DragonFlyはRedとBlackの2機種あるが、もし電車等の移動時にもiPhoneをハイレゾプレイヤーとして使用したいのなら、低消費電力のBlackを選ぼう。また、DragonFlyの場合、Apple Lightning - USBカメラアダプターも使用可能だが(Meridian Explore2は使用不可)、Apple Lightning - USB 3カメラアダプターのほうが外部給電により安定再生と音質が良いのでこちらを選ぼう。

 

接続の仕方

※ ↑実は会社の備品のPCスピーカーを使って実験してた

 

こんな1000円以下スピーカーでもこんなにいい音がでるんだよという証明に、特上と並コース、それぞれ音楽再生動画を貼り付けたが(松コースはMQA CD「A Piazzola by Strings and Oboe」を、竹コースはMQA CD「Rebecca Pidgeon The Raven」をリッピングした音源を再生している動画)、残念ながらYouTube著作権監視人により再生ブロックされたので、動画の一シーンを静止画キャプチャーしたのが上に貼っておいた写真です。

 

最後にスピーカーはどこに置くかで音はかなり変化するので自分の好みの音になるようにいろいろトライしてみるといい。低音を豊かにするには、スピーカーの後ろに空き箱とかクッションとかを置くといい。

 

こんなこともできるよ。

798円スピーカーでホームシアター

狂い咲きサンダーロード

JUGEMテーマ:ホームシアター

 

 

映画番長のFacebook投稿の中でこの映画を「やいやい、国宝映画『狂い咲きサンダーロード』を知ってるかー、てんだっ!」という表現を見て、「名前は知ってますが、見たことはありません。先日ブルーレイがでていましたが買おうかどうかずいぶん迷った末止めました。」とコメントしたところ、番長が😢のリアクションを残され、それがずーっと気がかりなっていました。

 

そこで他のBlu-ray購入のついでにこれもAmazonに注文。出張中に届いており、早速今朝観てみました。

 

あー、私がバカでした。なめてました。もとは16mmフィルムだということは知ってたので、昭和の年代に一時はやったサイケ的な学生実験映画だと今まで勘違いしていたのですが、とんでもない!なんなんですか、このエネルギーといい、役者たちの面構えといい、時代を超越したかっとび映画じゃないですか。時計仕掛けのオレンジにマッドマックス1作目を足したような独特なストーリーといい、サイレント映画的演出(演技の下手さをカバーするため?)といい、ラストの壮絶バトルといい、まさに番長の言う「国宝映画」でした。七人の侍並みの国宝ですよ!

 

 

主役の山田辰夫さん、3年前に胃がんでお亡くなりになっていたんですね(ORICON NEWS)。え、私と同年代じゃないですか!早過ぎますよ。本当に合掌.....

 

 

 

 

関の彌太ッぺ

JUGEMテーマ:ホームシアター

 

 

人斬り彌太ッぺ

斬らぬと誓ってなぜ人を斬る

泣きたさをぐっとこらえて

・・・・・・また渡り鳥

 

今更、DVDかとお思いでしょうが、すたこらどっこい。

 

AVACの試写室でDLA-X590RがDVDの映像を映していたのを思い出し、

未見のDVD「彌太ッぺ」を棚から取り出し観てみた次第。

 

 

 

どうだい? 案外、いい絵がでているでしょう。

 

 

 

 

おらぁ、驚いちゃったね。これDVDの映像だよ。映像設定はプリセットのシネマ。

 

最近の技術ってもんはてーしたもんだね。長生きはするもんだ。

 

東映はAmazon Prime Videoで豊富にライブラリあるので、

いずれまた宮本武蔵5部作、これはHDで観てみないとね。

 

 

 

ホームシアター迷光対策のまとめ

JUGEMテーマ:ホームシアター

 

先週の天井スピーカーの設置に続き、本日出窓の遮光カーテン設置終了にともない、約1ヶ月にわたって施工してきた母の元個室のシアタースペース化とそれに伴う迷光対策がほぼ終了した。

 

※ 画面上部左右にうっすらと天井スピーカーが見える。LINN CLASSIC UNIK (Black)で、艶消し黒モールで隠蔽配線してもらった。天井から降りる左右遮光カーテンも艶消し黒モールで統一してあり、それぞれのモールがお互い干渉しないよう施工されてある。

 

※ 部屋後方のベッド脇Blu-rayラック上部が出窓。ここの電動シャッターのモーターが壊れており、シャッターを手動で降ろしてもスリットから外光が入ってきていた。修理したら10万もかかるため、ここに右上にみえるように遮光カーテンを今回つけた。費用は約1/10に済んだ。

 

元々は一昨年亡くなった母の個室の遺品整理から始まった作業だったが、この部屋を私の仕事部屋兼寝室兼シアタースペースとして利用することとなり、シアターについてはあくまで趣味なので、自分が施工できないところをプロにお願いするスタンスで始めた。

 

※ 部屋後方の仕事スペース。ちょうど右サラウンドスピーカーの直下。Windowsはデュアルディスプレイで、MacBook Airはクラムシェルで使っている。Windows PCは会社からの貸与。Macは主に個人用でハイレゾ・プレイヤーとしても使用している。

 

まず、今回はプロジェクターの天吊りを最初から考えていたので、シアター機器類購入や隠蔽配線含むインストレーションは20年来利用しているAVAC秋葉原本店にお願いした。担当氏も20年来同じのS主任である。全幅の信頼をおいており、当初から機器類の選定もほぼ彼のアドバイスに従った(なんせこの趣味を3年間程お休みしていたので、完全に浦島太郎さんであった)。

 

また迷光対策については、天井高が2.7mと高いため、天井に関わる施工は素人には不可能と判断し、自分はスクリーン周囲の壁と床周り、エアコンの隠蔽を行うことにした(実はそれが悲劇の始まりであった訳だが)。それ以外の天井の遮光クロス貼りはうちの家を建てた大工の棟梁に紹介されたクロス屋さん、そして遮光カーテン取付に関する全体設計とスクリーン周辺生地の選定は、同じく大工に紹介されたリモデル神奈川にお願いし、インテリアコーディネーターが選任担当してくれた。

 

自分の施工分はリモデル神奈川経由購入したリリカラの生地(LC-25266)をスクリーン周辺に黒ビスで貼り付けたのと、楽天ショップを利用してハイミロン生地(No.12)とクロスを購入し、生地はエアコン隠蔽にクロスは床周りの一部に利用した。生地は基本的にメートル単位での購入になるので、余った長さは折り曲げて使い、裁断はしなかった(裁断した箇所がほつれ易いから)。

 

※ Amazonで購入した黒ビス。カーテン生地の壁取り付けに使用。

 

リリカラとハイミロンの生地比較だが、色は蛍光灯下ではハイミロンのほうが一際黒い。吸い込まれるような黒さだ。しかし、どちらも照明を落としプロジェクターの反射光を当ててみたりして比較したが、照明OFF時にはほとんど差がないことを生地サンプルで確認した。また、生地としてはリリカラのほうが柔らかく、カーテンに加工しやすいし、なんせ肌触りが良い。ハイミロンは生地が硬く、黒ビスがなかなか通らず、正直高所の取り付けで苦労した。カミさんにそれぞれの生地を触ってみてもらったところ、「ハイミロンをカーテンになんてナンセンス」と一笑にされた。

 

個人的見解だが、手がとどく範囲の壁や床は平面性が高いハイミロン、高所や遮光カーテンとして加工して使うなら、作業性のいいリリカラというのがふさわしいのではないだろうか。ちなみにリリカラのこの生地は劇場の幕やカーテンによく使われているそうであり、AVACのインストーラーたちもこの生地のことは知っていた。また、施工時に比較してもらったが、私と同じ印象であった。

 

実は悲劇というのは、自分の施工箇所については当初甘く考えており、実際にやってみると無理な姿勢での脚立上の長時間作業で脚の筋をおかしくしてしまった。プロの皆さんが作業時とんでもない物量の工具や道具を使っていたのに対して、口に黒ビスを加え、スピーカー位置をずらさないよう、脚立を立て、腕を上にずっとあげての脚立上における傾いての作業は、とても素人にはアクロバティックな作業であった(プロの皆さんはこんな無理な姿勢をとらないよう道具類を使っていた。部屋の空間を横断できる脚立橋を設置した業者もあった)。しかし、エアコンの隠蔽作業などどの業者にも頼める内容ではなく、そこで無理をしたのがいけなかった。元々脚が良くないのに、筋を痛めてしまい、一時杖をついて整形外科を受診したりしたが、それでも作業を中断しなかった。今は杖からは解放されたものの、まだ両膝に痛みを残したままである。歩くのに支障はないが屈んだりするのが辛い。高いところの作業はもうこりごりだ。やるのなら背の高い息子たちに協力を頼めばよかったと大反省。

 

最後に一点。AVACとリモデル神奈川は、ヒアリング後、すぐに2Dの施工プラン図を起こしてくれ、それをベースに頻繁にメールでやりとりをしながら作業打ち合わせをすることができ、非常に効率的だった。それに対して、クロス屋さんは天井半分のみ遮光クロスという小規模な作業だったためか、名刺のメアドにメールしても返信もなく、棟梁である大工に言ってもらわないと作業がいつになるのかさえはっきりと計画ができなかった。まだ残っている別室の小作業もあるのだが、お願いしたクロス・カタログもまだ来ず、それ以降まったく連絡がない。いつまた再開するのだろうか。AVACやリモデル神奈川はうちのような小規模な仕事にも一生懸命やってくれたので非常に感謝している。

 

その結果が下の動画で分かるように昼間でも暗黒を確保することができた(映画館の幕が開くように、うちではそれと逆の手順で上映を開始します。カミさんにiPhoneで撮ってもらいました)。つまり、迷光対策としては申し分ない出来なのだ。

 

 

追記)

 

当初、予定になかった老朽化していたリビングの掃き出し窓のロールカーテン(リビングシアター用)と出窓のカーテン、2F個室の出窓のカーテンもリモデル神奈川にお願いした。

 

※ リビングの電動スクリーン下のカーテン。ここは電動スクリーンが降りてくるので干渉しないようにロールカーテンを採用していたが、それでなくともカーテンとスクリーンとがお互い干渉しないということが担当のインテリアデザイナーの目利きで分かり、カーテン種類のみ決め、デザインはカミさんに自由に選んでもらった。カーテンによって部屋の雰囲気が大きく変わることを実感。リビング空間の空気すら変わった感じがするのは大袈裟だろうか。

 

A Rock'n Roll Fable "Streets of Fire"

JUGEMテーマ:気になる★映画&DVD

 

※ 静止画は全て映写画面の一部をキャプチャ

 

【作品情報】

 

硬派なアクション作品で知られるウォルター・ヒル監督が1984年に手がけ、王道な青春ストーリーとスピーディな展開、ファイヤー・インクによる「今夜は青春」などのロック音楽の挿入歌、派手なアクション描写で人気を博した快作。ロック歌手のエレンがレイブン率いるストリートギャングの「ボンバーズ」に誘拐された。それを知ったエレンの元恋人で流れ者のトム・コーディが街に帰ってくる。トムは女兵士マッコイ、そしてエレンのマネージャー、ビリーとともにエレン救出に乗り出すことに。ショットガンを手に、レイブンのアジトを急襲するトムだったが……。トム役はこれでブレイクしたマイケル・パレ、エレン役は当時19歳だったダイアン・レイン。ギャングのボスをウィレム・デフォーが怪演した。2018年7月、デジタルリマスター版でリバイバル公開。(映画.com)

 

【感想】

 

ホームシアターの趣味でこの映画との仲はかなり古く、2007年に遡る。

 

A Rock & Roll Fable "Streets of Fire" (HD DVD北米盤) 新・HAMA一等兵のペケ戦記

 

昨年、北米盤に続き、キングレコードから国内エンコードの本Blu-rayが発売されて、現時点でこの映画のHDディスクとしては決定版と言えるだろう。商品企画が優れており、VHS版の字幕や北米盤本編そのものがそっくり入っていたり、複数のメイキング含め、すばらしい商品性あるBlu-rayディスクであり、旧作名画のHDディスク化のお手本といえるような出来だ。このように商品性を強化しないといずれストリーミングによってディスク市場は消し去られるだろうから、ビデオメーカーはどうか見習ってほしい。もう何度もみているディスクだが、今回新システムで見てみることにした。

 

 

リバーシブル・ジャケット(上左と右の写真は裏ジャケ)

 

 

 

 

 

※ 実はiPhoneでスクリーンに投射される映像を撮って、このブログに何編か貼っていたのだが、YouTubeと映画権利者のユニバーサルの権限によって、この記事を投稿後数時間で再生ブロックされてしまった。ゲーム動画は問題ないのに、アップロードした動画内で音楽が鳴っていたり、その映像が映画であったりすると、基本的に再生ブロックがかかるようになっていたのね。知らなかった。仕方ないので貼った動画は全て削除し、動画から静止画キャプチャしたものをあげました。ここに貼り付けた静止画は全て動画から拡大キャプチャしたものですので、それから画質を把握していただければと思います。

 

国内エンコード本編と北米盤エンコード本編で画質が少なからず異なりますので、どちらが自分の好みかチェックするのもいいでしょう(上記動画はどれも国内版本編)。因みに北米盤も日本語字幕を選べます。

 

おそらくこの映画が長く私を引き付けるのは、主人公が、愛する彼女のために、敢えてその彼女を諦め、彼女から立ち去ることを選んだ決断に真のヒーローを感じるからでしょう。究極の自己犠牲の一つである思います。リアルでない空想の話だからカッコいいのかもしれません。なにしろ、A Rock'n Roll Fable(ロックンロールの寓話)ですからね。

 

 

最近ではスーパーマンの養母役で新境地を開きましたね。確か大昔に買ったサントラCDがどこかにあるはずなので、見つけてNASにいれておこう。